My Potential

〜ぶち当たり生活〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
夢やぶれて・・・
病院に行く途中の車窓から雲を眺めながらふと思った。
そうだ。俺は小児科医という夢にやぶれたんだ・・・
一瞬、留学生活で自分を見失っていた事を後悔した。


もし、こんな病気してなかったらどうなってたやろうな。。。オカン
向こうでちゃんと頑張れたかな?
っと親孝行していない事を申し訳なくオカンに聞いてみた。


そうね。。海外で仕事バリバリしてたかもしらんね。
でも、あなたはまだまだこれからよ。
家族の皆はあなたがこれからできると信じてるし、
だから何も言わずに協力してるんだから頑張りなさい。

オカンの一言に救われた気がした。
確かに俺はもう医者にはなれないかもしれないけど、
(うちの家族は俺次第で何とでもなると思ってくれてる。)
まだまだ他にもたくさん夢がある。
それを一つずつ叶えていけばいいんだ。
今の俺に足りないものは頑固たる自信
小さな目標を達成して、小さな夢を積み重ねて
自分の自信につなげていこう。

誰にも未来の事なんて予想できないんだ。
周りが確信できるとこまでたどり着くと
自分の努力次第で、それは現実になる。






| 夢への一歩 | 20:56 | comments(0) | -
過程から成果へつながる瞬間。
先日、Red Crossが俺にボランティアとして新しい仕事を与えてくれると話しました。
とりあえずこの前、この町のRed Crossを仕切っている人と直接 色々と話して、
Red Crossが俺にできることならなんでも協力してあげるということで、
俺の全ての要求を受け入れてくれた。

俺の手伝っているRed Crossの会社は
器具など洗ったり修理したり受け渡しを扱ってる場所で、
患者との会話が器具を受け渡しして説明するときぐらいしかない。
そのPositionに俺が適役されたのだ。

思わず聞いてしまった。きれいな英語を話せませんがいいんですか?
すると、彼女がいってくれた。

Shinの英語はかなり上達してきてるわ。あと、人柄あふれる笑顔が素敵だわ。
この一年間半、頑張ってきてるのを見てShinには色々と経験してほしいし、
私達が協力できることはしてあげたい。だから何かアイディアあったら何でもいってね。


初めてホームステイ先とか先生とか友達以外で英語を褒められた瞬間だった。
留学生として、英語を認められたのが嬉しかった。
認めるだけじゃなく、ちゃんとそれを使った重要な仕事を与えられたということも。
責任があるじゃん? これからしばらくは、受付の人が器具の説明など手伝ってくれるとのこと。
ぶっちゃけ、受付だけで十分なところをわざわざ俺に与えてくれたってのもあるかもしれない。
その人から色々、器具の説明のしかたとか眼と耳で盗んでいってほしいとのこと。
あと、器具の修理の仕方も時間があれば教えてくれるらしいし。
もしも免許があれば、器具の配達などしてほしかったらしいけど、
それはまた次回の話で。

あと、夏にもしも日本に帰らなかったら、Canadian Red CrossのProgramとして
津波とかで被害を受けたアジアの各国へのボランティアへの参加の推薦もしてくれそうやったんやけど、
まぁーまた次回の話で。

何はともあれ、こうして心から俺に感謝してくれる人がいてくれてよかった。
一年間半、色々な医療器具を洗うだけってのはたいへんだったけれども、
人に奉仕するということがどれだけ大変な事かわかったし、
医療を立ち触る人のたった一部だけど、理解できてよかった。やりがいあったし。
っていっても、たいへんだけどこれからも洗う事は続けるんやけどね。
やっぱ、それをしてつながった仕事だし最後まで根本を忘れたくないしね。
これからも着実に自分の力で一つずつで頑張っていきたい。
成果を味わうことができてよかった。
もうなんかこれからどんなにつらくても何事も最後まで頑張れそうだ。








| 夢への一歩 | 23:18 | comments(2) | -
今日から大学生。
ESLの結果が出て、ESL全て終わりました。
ってことで、来学期から大学生になるわけやねんけど、
いやぁーESLの結果が意外と悪かったのがちょっとネックなところです。
Writing Reading 共にBで、Listening&SpeakingがB+だったので、
そんなに心配してなかったけど、
ちょっとぶっちゃけ危なかったwww(Cで落ちるから。)
ESLの成績が大学で使われませんようにっと願うところです。
ここから挽回していく気持ちを忘れずに行こうかと。
University classesの方はまだ結果はでてないので。


高校ん時から今まで、色々あったけれども
正式に大学生になったことを喜ぼう。(ワーパチパチ)
ぶっちゃけ全然、これからも生活が変わらないので、新鮮味がないですね。w
ってことで、自分の中で振り返ろうかと。


今までの道、高校卒業してからの二年間。
ちょっと遠回りしちゃったかなっと思います。
全て今まで経験したことは決して無駄ではなかったけれども、
自分が高校生に抱いていた想像とは全く違うものになってる。
勿論、いい風にもなったかもしれないけど、達成できなかったこともたくさんあって、
全てがうまいこといくには中々、難しいものかなっと感じます。
この二年間の反省を糧にして、いけなかった部分をちゃんと修正していこうかと思う。




今は誉めてあげようと思う。
高校の時から自分の中で、自分の人生観を深く意識し始めて、
今に至ってたくさんのことを学べて、感じて、考えるようになって、
高校の時、漠然と抱いたものがこうして形になり、今に至って、
一つ証明できたのは、『確実に進んでいること』かな
あの時から少しずつ頑張っていた俺に感謝したいと思います。
これからも切り開いていきたいかなーって思う。
夢に一歩近づけたことに感謝。





| 夢への一歩 | 11:05 | comments(8) | trackbacks(0)

/ 1/1PAGES /

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

クリックヨロシクー