My Potential

〜ぶち当たり生活〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
祝ブログ十周年!!
10年前は、周りに勧められ何となく始めたブログである。
きっと、将来の自分に役立つはずだからと言われて綴ってきた。
そして、10年前の自分は将来の自分を想像できなかったけど、
過去の自分から今の自分へ叱咤激励するため意識して書いてきた。
この10年間の俺の成長過程は大まかに記してきたつもりだ。
その成長過程を確かめたくて、たまに過去の事を振り返る良き相棒にもなった。
自分が何を想い、何に悲しみ、何に怒り、何に喜んだか
今でも読み返す事によって、鮮明に思い出せる。
何をしてもなかなか続かなかった俺だけど、
なんやかんやいって文章を書く事は結構好きなのかもしれない。
それはきっと、必ず行動に移せば、結果に出るという単純な理由だからだろう。
ブログを書くという事は自分に自信をつけるいい材料になった。
どんなに辛い時でもブログに向かい、冷静に起こった事を見つめ書く。
俺の場合は、ただの感情論で書くことは滅多にない。
たまに垣間見る感情のままに書かれたブログを見るのもまた楽しいけどね。
素直にブログとは自分の化身であり、生き様を表したようだった。

ブログを10年書いてて、思った事は一つ。

「未来とはわからない。」

この10年間で、自分は天国も地獄も味わった。
10年前に何となくイメージしてた10年後には全く当てはまらなかった。
10年前はただ海外で就職して、海外で働いて、周りの友人達に恵まれ
家族に心配される事なく、立派に自立してると思ってた。
それに向けて、ちょっとした成功も経験し、病気も経験した。

20代という大きな節目も終わろうとしてる。
20代では病気によって将来設計が狂わされ、
思いがけない事が度々と重なり、将来が屈折した。
でも、今は予想外から、想定内に将来を収めようとしてる。
その分、今の俺は成長し、強くなったのかもしれない。
まだまだ達観する力が未熟なところもあるけれど、
これからその力も鍛練していく。


10年前の夢と今の夢も大きく変わった。
現実と時間というものは時に残酷なものだ。
その残酷の中で、
生きているからこそ幸せも感じるかもしれない。
そう思えるようになった。

厳しく自分を見つめなおしてみると、
この10年間で一番、自分に欠落している部分は
7年ぐらいの社会経験、日常的な知識が乏しいという事。
それらをどういう風にカバーできるか問題になってくる。

ここで忘れてはならない。 一つ言える事。

「未来とはわからない。」

今までの10年間は辛かったのかもしれない。
でもこの先の1分1秒は誰にもわからない。
ひょっとしたらいい意味で人生が謳歌するかもしれない。
その可能性を諦めた瞬間で、このブログの意味が無くなると思う。
だから俺は自分の可能性を最後まで信じたいと思います。
そして自分の人生と向き合い、ブログを綴っていきたい。

このブログは俺そのものの生き様だから。
| しみじみ | 16:12 | comments(0) | -
22歳
あっというまに時間は過ぎ去っていくものだ。
この一年間は、自分に問いただした。


何のために俺は存在しているのだろう?
俺にとっての生きがいとは?
俺の人生の使命とは何か?
人生とはそもそも何か?



日々、あぁーでもこうでもないと言いながら、
問答を繰り返していくうちに何か掴んできた気がする。




そしてこれからの一年間はそれと同時に、



なぜ、俺はこの世界(タイミング)に生まれてきたのだろう?
この世界は何を俺に望んでいるのか?
世界はどういう風に変わっていくか? またどう変わっていけばいいか?
あらゆるものが地球(この世界)で共存している意味とは何か?
そもそも世界とは何か? なぜ世界はこういう形になってしまったのか?





それをまた、他愛も無くこの一年間、自分に追究していこうと思う。

| しみじみ | 01:15 | comments(2) | -
近道とは??
日本でも言われてたことだが。。。
Prince Georgeにきてからもよく言われることが一つある。

Shinの事を想って言うけど。。。

本当に医者になりたいのならば、日本に一度帰って、医者になってから
こっちに戻ってくる方が、こっちで医者になるよりもぐんと可能性が高いんじゃないかな? 
こんなところにいても医者になることはとても難しいと思うよ。。。



俺の夢を真剣に受け止めて真剣に考えてくれる人達だからこそいう意見の大半である。

確かにその通りだ。そっちの方が医者になって誰かを助けることは早い段階でできるし、
そして、それからカナダで医者になることはもっと可能性が確実に高いかもしれない。

でも、これは自分のただの偏見的な考えで強情な意見かもしれないけど、
きっと日本で医者になれたとしても、俺自身は満足できないと思う。
確かに日本の人達は助けることはできる。でも、世界的に助けるためには、
その人の声を聞かなければいけない。Communication skillや
それぞれの国のBack groundを身につけるためにも、今はカナダで英語の勉強を
し続けるほうが日本で勉強するよりは明らかに効率がいいと思うし、
Communication Skillに欠ける医者など、本当の医者とはいえない気がする。
確かに日本で医者になったとしても、日本人患者のためなら
ほぼ完璧にCommunicationをこなせるかもしれない。
かといって、日本だけではとどまりたくないという強い願望もあって、
結局、日本に戻ってから頑張るにせよ、ここで頑張るにせよ
色々な国の人達の患者を助けるためには、
同じ量の努力と過酷さと先にせよ後にせよ味わなければならない気がする。


ひょっとしたら俺は欲張りすぎで、稚拙な考え方なのかもしれないけど、
こっちで医者になれないとしたら、
その時は自分の納得できる医者になれる見込みはないと言っても過言ではない。
きっと、俺の運命はもっと他のものにあるのかもしれない。
ただ、せっかく夢を追いかけるのだから
中途半端ではなくとことん自分がなりたいものになりたいし。
確かに全て思い通りいかないのかもしれないけど、
医者になるのが夢ではなくて、何度もいうように
医者になってから日本だけではなく世界の人たちを助けるが俺の夢だから
医者になれなくても最低限 世界の人たちとCommunicationをとれる力を身につけたい。

なんか矛盾してるし、本当に医者になりたいのか?って言われるけど、
医者になりたいのは事実。でも俺は医者の器にはなれないかもしれないし、
矛盾しているのもわかっているけど、正直な気持ち、まだ将来の答えなんてわからない。
わかっていることはどれも確実な正しい答えじゃないと思うし、
納得するための道はどれも平等で、悩み続けるのは当たり前で近道なんてないと思うから、
例えそれがどんな険しく難しくても、遠くても
俺はこのまま自分を悩み続けながらも自分を信じて突き進むのが一番の方法であって、
今を楽しみながら弱い自分と常に対峙していかなければならないと思う。
将来なんて誰も予測できないし、何よりも大事なのは、
自分の人生を充実させるのは他人ではなく、自分に委ねられている事を片隅において。
| しみじみ | 12:55 | comments(2) | -
達成しつづける目標?
兄貴達と話して思ったけど。。。
とにかく辛い時こそ、頑張れば頑張るほど今後の俺にとって重要な意味を成すんだろう。
今、ここで、へばってぐーたら過ごしてしまうときっとその分、今後の人生に影響を与える。
辛い時こそ、その自分を受け入れ、向き合いひたすらむしゃらに頑張ることが大切。
後先心配せず、その頑張った過程がいつか予期せぬ形で俺に何か注ぐだろう。
そしてそれはいつしか、かけがいのない大切なものとなっているはずだ。

次の日には昨日とは何か違う自分でありたい。

だから、心から願います。

常に成長し続ける人間でありたい。
常に開花し続ける人間でありたい。

これ 俺の人生目標です。



| しみじみ | 15:14 | comments(0) | -
蘇生。
最近、勉強をしている時によく思い出すことがある。
夢もよく見るようになった。
ふと我に返り、ニヤっとなる。


昔もこういう感覚あったな。。必死に勉強に取り組んでたな。。
あん時は色々と恵まれたなー。友達と必死に頑張ったなぁ。
今は図書館で一人きりで頑張ってるけれど、
何かそんなことを思い出すと勉強がおもしろくなってきた。



高校受験の時は、勉強は辛かったけど、何か楽しかった思い出がいっぱい。
受験前は、必死に皆で日が変わるまで塾の先生をひっぱり凧にして質問したなぁ。
高野山に合宿に行ったときはホンマによう頑張ってたよなぁー。
辛い事も共有できたから、楽しかったんだろうなぁ。



なんか、自分がふと今、勉強している姿を昔の勉強している俺の姿と合わせた時、
昔には戻れないんだけど、中学生の自分になった気持ちになる。
毎日、落ち着いて淡々と問題集を解く日々。
そんな感覚が蘇ってきた。
『勉強って難しいけど、たいへんだけど、やりがいがある。』
昔も俺頑張ってたんだなってうれしくもなるし、
何か失っていたものを忘れてしまってまた手に入れた感じで、




神様はこれを気づかせてくれたかもしれない。
あの時、途中で諦めたこと。
最後まで自分を信じれなかったこと。


昔と今とでは全く環境もしている事も違うけれど、
奥底の気持ちが自分の心を今、共鳴させる。

何か心の底から熱い感情が湧き出てくる。

あの時、達成できなかった分、後悔した分、
昔の自分に今の自分がちゃんとした形で救ってやらなきゃいけない。


あの時以上、頑張ってやる。








| しみじみ | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0)
21歳
今、カナダ時間で夜の12時になろうとしてるところで、
それから21歳になるわけなんですが、
この一年も色々とあったなーっと振り返ってます。
まずは、成人式があって実家に帰って無事に成人したこと。
それからESLを卒業して正式に大学生。
勉強も遊びも今年は精一杯自分なりにしたと思う。
確実にさ、成長してるんやと思うねんな。確実に進んでると思うねん。
でも、色々としたかったことができなかったのも事実。
これからできなかったことをさらに自分なりに精進して
一つずつ乗り越えていきたいと思います。

どんだけ辛い事があっても
今まで出会った人達の励ましのおかげでここまで頑張れた自分がいて、
何こんちくしょーっとか思いつつそれでも頑張れる自分がいて、
だから、皆これからもよろしくねー。^^

あと、家族の皆に感謝やな。
ここまで俺がこれたのもホンマに皆のおかげ。
特に親父とオカンには小さい頃から特に色々と心配かけたと思うねんな。
両親は誰よりも俺が留学するなんて想像してなかったやろうに。
でも、何も文句いわず家族の皆が応援してくれるので本当に感謝してます。
顔見れない時はたまにさびしいけどね。まぁー会えるときは会えるんで
でもまたいつか家族の皆でどっかいきましょう。

着実に自分の可能性を見出していきたいので
これからどんなことあるかわからんし、
自分が最終的にどうなるかわからんけど
人生をこれからも味わっていきたいなって思ってます。
まぁー楽しんだもん勝ちやで。







| しみじみ | 16:18 | comments(2) | trackbacks(0)
俺の一息の仕方。
一声 背伸びしながら奇声をだす(うぉぉ。 ぬおぉーetc)
深呼吸をする。
窓を開けて空気を入れ替える。
食い物 飲み物をもってくる。
力を抜く。



自分の好きな曲(洋楽でも邦楽でも)を聴きながら、
目をつぶって、歌を感じる。
歌詞カードを見ながら、曲を聴くのも好き。



ゆっくり目をつぶって、自分が今後やりたいことを想像するのも好き。
全てがなんでもできる気がする瞬間。

ゆっくり目をつぶって、過去に色々した経験を振り返るのも好き。
なんか微笑みがでる瞬間。

ゆっくり目をつぶって、色々な人の事を思い浮かべるのも好き。
よしっ 頑張ろうって思える瞬間。

頭の中がCleanで何でも吸い取れる。そんなイメージ
頭の中で何か抽象的なものから一つ何かを掴む感じ。そんなイメージ。
頭の中で掴んだものを優しく両手で包み込める。そんなイメージ。

これを大事にしよう。



たまにダラダラ曲を聴きすぎて、いつの間にか30分〜一時間たってるとかね。
後で、凹んで後悔するw 逆効果w



そんな俺の休憩時間。


ちなみに今日の休憩回数は6回(多っ!!)


| しみじみ | 11:37 | comments(4) | trackbacks(0)
20年目の記念日
すっかり自分の誕生日の日に更新するの忘れてました。
本当に色々な方に祝ってもらいました。

同じ誕生日の人達と、仲のいい友人たちで、
今年の誕生日はロブスターとステーキを食べました。
俺の住んでるところでは、誕生日の人には
あちこちのレストランが割引や無料で食べ物を提供してくれます。
ってことでロブスターの食べれるところへいきました。
もう最高でした。たまりません。。。

また、メールやカードで誕生日を祝ってくれた方々。
この場を借りてありがとうございます。
今年で、早くも20代へ乗っちゃいました。

ってことで、

この20年間を振り返ろうと思う。
想像もできなかったことを今まで歩んできたと思う。
一つ一つがタイミングで、全てが偶然だと俺は思う。
この20年間 積み重ねてきた経験や気持ちの変化などを、
一つのDocumentにまとめるのはなかなか難しそうなので、
今率直に振り返ってみて、思ったことを綴ろうと思う。


この20年間、色々とあったと思う。
特に小学生の頃など、思い出はたくさんあるけれど
今思えば、ものすごいしょうもない事だったりする。
何であの子好きだったんだろう?っとか気になることもでた。

自分の中で、大きく変わったのは高校時代だと俺は感じる。
つい最近のことだけれど、自分の中では内容の濃かった三年間であり自分の心の変化や自分の今の根本を作ってくれたのはきっと高校3年間の生活だろう。今の自分で後悔はしていないから、満足はしているけれども あの時は不安の毎日だった。あと、今思えばまだまだ俺は小さかったなっと自分自身で確証できるあたりがあの三年間を乗越えたという確かなものを得ることができ、高校時代に生きがいを見出せなかった自分への後悔を報いることができる。あの時は精一杯頑張ったんだと胸脹れる日が来てよかった。



今日で20歳になり自分の気持ちとしてはとても複雑。
今まで、10代だから。。で済まされてきたことがこれからどうなるか不安。
20代だから。。。で済まされていいはずかない。(笑
誰もがきっと20歳になると自分で責任を持つとかきっと意識しだすだろう。
俺も当然のごとく、自分の責任を持つことは当たり前なんだけど、
果たして一日の気持ちの切り替えで、大人と子供のスイッチをすぐ切り変えれるのかどうかが疑わしい。ってか無理だw


更に、まさか自分が20歳になるとは思ってもいなかった。
何か特別なことを考えるがかっこいいことも思い浮ばない。
どう意識したらこの20年という区切りを受け止めることができるのだろうか?



きっと俺は何も変われないと思う。
でもこの20年間で、きっと色々と変わったと思う。
それに自信を持てばいいと思う。
これからも時間を重ねていくうちに、また徐々に変わっていけると思う。


人間誰もが、初めから完璧ではなくて
それでもそれに勇気出して近づこうとして失敗したり泣いたりして
経験を重ねていけばいいんだよね。




20歳の誕生日 おめでとう俺。








| しみじみ | 18:32 | comments(8) | trackbacks(0)

/ 1/1PAGES /

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE

クリックヨロシクー